ランチェスター経営ジム

全国大会まで

ランチェスター経営ジム講師 岡 漱一郎メッセージ

私の経営目的と使命

岡 漱一郎(株式会社ハードリング)

岡 漱一郎

世の中の会社の8割は万年赤字です。その原因は社長の知識不足です。知識不足は外部要因とまったく関係がありません。社長になったからには「知らない」は許されないのです。社長の知識不足、それを無責任と言います。単なる社長の怠慢は会社を赤字にさせ、取引先、仕入先に迷惑を掛け、ひいてはお客様に迷惑を掛けます。そして怠慢社長の知識不足の一番の被害者は社員です。
その社員には家族がいます。子供たちがいます。もし倒産などしようものなら、怠慢社長はその子供たちの将来まで奪うことになるのです。自分の子供なら自業自得ですが、社員の子供には何の責任もありません。仮に倒産は免れたとしても、社員に十分な給料が払えなければ、その子供たちは将来に対してハンデを背負うことになります。親が「貧すれば鈍する」になれば、人格も含めた教育環境のハンデを生みます。所得の低下は、悲しい連鎖を生み出すのです。私たちの将来を担う子供たちに、経営者たる者がハンデを与えてはなりません。
経営とは勝つことではなく、負けないことを知ることです。負けない知識を身につければ、いずれ勝つのです。万年赤字の社長は、この逆をやっているに過ぎません。巷に溢れている勝つ情報の大半は、精神論と戦術情報です。その間にある戦略が無いから経営がおかしくなるのです。
私と関わる社長さんには、怠慢社長になってもらいたくないのです。自分の怠慢から子供たちの将来を奪って欲しくないのです。日本の未来を奪って欲しくないのです。「勝つ経営者を育てることではない、負けない経営者を育てること」これが私の経営目的であり、使命でもあります。

(株)ハードリング 岡 漱一郎

プロフィール

岡 漱一郎株式会社ハードリング

1962年生。岐阜県大垣市出身、愛知県名古屋市在住。
ランチェスター経営戦略と孫子の兵法を駆使する経営コンサルタント。全国20カ所で毎月勉強会を開催し、指導を受ける経営者は400人を超える。その活動がNHK「クローズアップ現代」で取り上げられ、また建築業界誌「建築知識ビルダーズ」にて「経営戦略ジム」の連載を受け持つ。
また、豊臣秀吉の最初の軍師 竹中半兵衛の家臣(竹中十六騎)、その末裔にあたる。

一覧へもどる