ランチェスター経営ジム

全国大会まで

岡 漱一郎の
戦略コラム
2018. 05

経営コンサルタントの心構え

私の職業は皆さんもご存じの経営コンサルタントです。では、経営コンサルタントとはそもそも、どんなことをする人なのでしょう。

一般的な概念で簡単に言えば、「企業の問題や課題を解決し、業績向上に貢献する職業」となります。ところが経営コンサルタントという資格は無く、実は定義も無い職業なのです。その為、様々なコンサルタントが世の中には存在しています。

○○コンサルタントと名乗る人達は星の数ほどいます。中には怪しげなコンサルタントもいますから、胡散臭い職業ランキングでは常に堂々の1位です(笑)

しかし、どんな肩書きを付けようが自由であり、結果的に依頼主(クライアント)の要望を満たせば、立派なコンサルタントだと思います。それでもあえて、「経営コンサルタントの本質とは?」と聞かれたら私はこう答えます。

「経営コンサルタントを必要としない経営者を育てること」と答えます。ランチェスター戦略を通じて戦略的判断が出来、自らの思考で業績を向上できる経営者に育てることと考えています。そうならなければ、誰の会社か分かりません。

その考えが基になっていますから、「私が経営コンサルタントとしてこの会社に入ったから、この会社は業績が良くなった」と言ってはばからない同業者には対極感と嫌悪感、品の無さを覚えます。

業務代行業ならいざ知らず、そこに私が理想とする経営コンサルタント像はありません。常に厳しさの中にも謙虚さを持ち、成果はクライアントの手柄と考えています。

岡 漱一郎

岡 漱一郎株式会社ハードリング

1962年生。岐阜県大垣市出身、愛知県名古屋市在住。
ランチェスター経営戦略と孫子の兵法を駆使する経営コンサルタント。全国20カ所で毎月勉強会を開催し、指導を受ける経営者は400人を超える。その活動がNHK「クローズアップ現代」で取り上げられ、また建築業界誌「建築知識ビルダーズ」にて「経営戦略ジム」の連載を受け持つ。
また、豊臣秀吉の最初の軍師 竹中半兵衛の家臣(竹中十六騎)、その末裔にあたる。

バックナンバー