ランチェスター経営ジム

全国大会まで

ランチェスター経営戦略とは

ランチェスター経営戦略とは、経営における競争の原則です。

1914年F・W・ランチェスター(英国)が戦場における競争原理であるランチェスター法則を発表しました。その後、バーナード・クープマン(米国)らが第二次世界大戦の軍事戦略に応用し、必勝の戦略として数値化しました。

その軍事戦略を経営に置き換え、わかりやすく体系化したものが「ランチェスター経営戦略」です。不況に強いと言われるランチェスター経営戦略ですが、目的は自社の特定分野における「1位づくり」にあります。企業の大小を問わず目的をシェア1位に定めることで、景気とは関係無く継続して業績を上げる事ができるのです。